天竜・無垢の木 ひのきの家普及促進協議会とは
天竜の山と地場の工務店を元気にするために立ち上げました。
天竜には良質なひのきが眠っています。樹齢60年をこえて、出荷の時期を迎えています。
この良質なひのきを使った家づくりを広く浜松の皆様に知って頂きたく、情報発信をしています。
member_01image

プロジェクトの概要
地域に豊富に眠る天竜ひのきを使い、浜松で開発された合理化工法に熟練棟梁の手仕事を加えた住宅を、「天竜・無垢の木・ひのきの家」の名称で開発し、認知普及に努めていくための協議会を発足しました。そして、このプロジェクトは、国の施策である地域木造住宅市場活性化推進事業にも採択されております。
今後、協議会では住宅業務支援窓口、棟梁の打合せスタジオを一体化した、サービス拠点を地場の中小工務店に提供し、静岡県西部の地域木造住宅市場を活性化します。


天竜・無垢の木 ひのきの家 普及促進委員会のしくみ
しくみイメージ
当協議会は、地域の大工・棟梁を支援することを目的とした任意団体で、現在52社が加盟しています。

天竜桧を活かした住宅商品の開発し、プロ向けの業務支援窓口、打合せスタジオ兼用の共有モデル住宅を提供し、地域産木材の利用振興と静岡県西部の地域木造住宅市場を活性化することを目的としています。

【ひのきの家普及促進協議会活用のメリット】
1.お客様の希望の建築会社をいろいろな情報より選択して、納得した建築業者と商談ができます。
2.お客様の個人情報が建築業者へ伝わらない為、しつこく営業されることなく安心して、業者の選択ができます。
3.資金計画等を客観的にできることで、無理な計画を強要されません。


天竜材の良質桧の活用
天竜の山が育んだ、地元の良質な桧を豊富に使用し、若手消費者にも魅力的なデザインの住宅商品を提供。
デザインだけでなく、性能の裏づけもそこには付与し、高品質の総桧造り住宅を提案する。
棟梁の展示スタジオの設置
ひのきの家普及促進協議会会員である、 個人の大工棟梁が自由に利用できる展示場兼打合せスタジオを設置。
協力建築家の展示場としても活用することで、相乗効果を得る。
合理化工法と手仕事の融合
工法に、一部熟練棟梁の手仕事で造られた丸太柱やタイコ梁などを組み合わせることで、手仕事のぬくもりを効果的に採用。
デザイン性にも優れた住宅や技術開発を促進する。
自然家具・建具のシリーズ化
手作りの無垢材の低VOC(揮発性有機化合物)家具や調度品の製造販売を実施することで、家とインテリアのトータルコーディネイトを行う。
このページのTOPへ