西区W様邸工事着工~♪

ひのきの家、事務局の夏目です。

各段階を経て西区のW様邸工事着工いたしました。

解体工事が終了し、地鎮祭の様子

 

IMG_8764.JPG

W様ご家族皆さんと「ひのきの家」協力しての作業です。

IMG_8767.JPG

こちら「下」は現場を監督する鈴木「一級建築士」

「一級建築士」と言ってもその業務内容は様々です。

■ 図面や積算、設計をメインにする人

■ 現場監督をして各職人さんたちに指示する現場メインの人

・・・で、鈴木監督は

図面が引けて現場もできる監督。経験豊富な頼れるベテランです。

 

IMG_8768.JPG

 こちら「下」の写真は「井戸」

今回は計画上、井戸を解体し埋めさせていただく事になりました。

長年お世話になった水の神様へ、これまでの水の恩恵に感謝し、埋めさせていただくご報告です。

IMG_8773.JPG

 お施主様が、お米、お神酒、塩、水、で清めます。

IMG_8774.JPG

 

井戸の中はこんなに深いんですよ~。驚きました10M以上!

 

 

IMG_8779.JPGのサムネイル画像

この後、井戸を解体し埋めていきます。

埋め方も単純ではなく、「大切な水脈」を守る為、はじめに目の大きな石から順に埋め戻していきます

息抜きもしっかり施工

 

そして地盤調査

 

IMG_8759.JPG

 

地盤調査結果は問題なし!

IMG_8760.JPG

基礎工事着工です。

今回の建物は各種助成金を利用し、見どころ満載な平屋住宅です。

渡部様⑰.jpg

■ 勾配天井の大きな吹抜け

■ 解放感あるロフトと大容量収納

■ 天竜ひのき、他自然素材多数

■ 認定長期優良住宅

≪今回利用する助成金≫

■ 国交省地域型住宅グリーン化事業助成金

 (平成29年度分、補正予算で運よくGET)

■ 浜松市天竜材助成金

■ 静岡県産材助成金

photo_015.jpg

 ☆平成30年度地域型住宅グリーン化事業も只今申請中☆
お気軽にお問合せ下さい

 

 

国交省・地域型住宅グリーン化事業♪

天竜・無垢の木・ひのきの家普及促進協議会、事務局です。

いよいよ平成30年度「地域型住宅グリーン化事業」のグループ募集が開始されました。

「地域型住宅グリーン化事業」???

わかりやすく説明しますと、地域性を盛り込んだ高耐震高耐久な住宅を建てると,国交省から助成金がいただける!と言うもの。

その額

平成30年度は一棟につき(110万)!!!

各グループにより、その住宅の内容は様々です

ちなみに

「ひのきの家」グループは大きく以下の内容の住宅です。

■ 構造材には産地が証明された地元天竜材を使用

■ 高耐震・高耐久住宅

■ パッシブデザイン・省エネ住宅

■ その他にも多数

国交省の助成金とあって、審査は厳しくチェックされ、全ての項目に裏付けとなる資料や計算書を添付します。

只今申請書類と格闘中

IMG_8818.JPG

その他にも

■ 住んで良し、しずおか木の家推進事業(静岡県、助成金)

■ 天竜材の家、百年住居る事業 (浜松市、助成金)

■ 国交省助成金と併用しますと・・・合計165万!!!

■ 二世帯住宅(三世帯同居型)なら195万!!!

 

 IMG_8785.JPG

故郷の「木」で、家を建てませんか?

 

 

GWお休みのご案内

天竜・無垢の木・ひのきの家普及促進協議会

事務局の夏目です。

誠に勝手ながら5/3~5/6までお休みをさせていただきます。

5/7(月)より通常営業となりますので、よろしくお願いいたします。

 

2010_03190036.JPG

 

 

 

スカイシアター施工中

ひのきの家協議会、事務局です。

今回ご紹介するのはスカイシアター(トップライト・天窓)

廊下天井に開いた空間。


夕方、現場建物に入ると灯りがついているように見えました。

 

IMG_8790.JPG

 

まるで上からライトや照明器具で照らしているように見えます。

 子供部屋につづく暗い廊下が明るくなりました。

 

IMG_8796.JPGのサムネイル画像

 

各部屋の配置などによっては通常暗くなってしまう廊下部分。

昼間でも電気をつけないと暗い廊下もこれでバッチリ。

壁面の採光に比べて3倍もの採光が得られるスカイシアター。

採用箇所を間違えると夏、大変なことになりますので注意が必要!

IMG_8793.JPG

この上部の側面に照明器具を取付け、杉を格子状にして通常の天井部分に施工します。

日中は杉格子を通して木漏れ日のような日差しが。

夜間は照明の灯りが杉格子を通して幻想的に・・・

 

IMG_8795.JPG

 

はじめは廊下が暗くなってしまうと悩んでいた部分。

「逆」に素敵な空間になりそうです。

仕上がりが楽しみ、またご紹介します

 

破風板・鼻隠し施工。S様邸~

ひのきの家普及促進協議会です。

浜北区S様邸にて破風板・鼻隠しの施工をしました。の部分

IMG_8761.jpgのサムネイル画像

建物の外観にも木の雰囲気を出したいと言うS様

綺麗な木目に見えますが「サイディング」

無垢の木のまま垂木を現しにするのもいいけど経年劣化や美観を維持する為のメンテナンスも大変?との事で採用されました。

垂木を出さない場合は通常、板金などで巻いてしまう部分

IMG_8763.JPG

ガラリと雰囲気が変わり、「和」のテイストに。

これなら美観は保たれます

外部の化粧柱「桧」はウッドデッキと同様に塗装して防水、コーティングをします。

破風板の板金施工も建物全体の色に合わせて、ときにはクールに仕上がります

この2部分.jpg

住んでからのメンテナンスを考えて外観デザインを決める。

基本はメンテナンスフリー。

でも、外観にも「木」の雰囲気がほしい・・・

数年に1回の日曜大工(お父さん)で維持、管理できる箇所に「木」を使う。賢い選択

IMG_8762.jpg

内装材に使う無垢材は経年変化も楽しめて「やさしい」表情をみせてくれます。

外観に見せる「木」はモダンな表情を見せてくれます。

「和」モダン

良く耳にします、

老若男女に受け入れられる「和」モダン。

まさに

高耐久、長寿命住宅に合ったカタチだと思います。

 

 

 

 

 

前のページ 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15