ひのきの家、夏休みのお知らせ。

天竜・無垢の木・ひのきの家です。

誠に勝手ながら8/12(日)~8/16(木)までお休みをさせていただきます。

 

2010_03190036.JPG

8/17(金)より通常営業~。皆様のご来場お待ちしております。

天竜・無垢の木・ひのきの家普及促進協議会、事務局、夏目。

まもなくお引渡し

西鴨江町の家、まもなくお引渡しです。

 

玄関。

CIMG4382.JPG

一本引の戸を開けると解放感があります。

CIMG4388.JPG

 

写真では分かりにくいのですが、和室~ホール~LDKと繋がる大空間

CIMG4383.JPG

 

生活スタイルに合わせた「和洋折衷」の部屋。

CIMG4377.JPG

雰囲気の異なるコチラ下は杉のフローリング。

CIMG4386.JPG

 

■ 施工:ひのきの家(静岡県家づくり浜松協同組合)

■ 認定長期優良住宅(耐震等級3)

■ 主要構造材(天竜ひのき)

■ 床材:ひのき/杉

■ 内装壁材:珪藻土塗り

■ 天井仕上げ材:杉羽目/珪藻土クロス

■ 断熱材、壁/天井:セルロースファイバー

 

 

地域型住宅グリーン化事業

ひのきの家、夏目です。

国土交通省

「平成30年度地域型住宅グリーン化事業」に採択されました。

IMG_8995.JPG

地域型住宅???

まだまだ聞きなれない?という方も多いと思います。

国土交通省による「助成金」です。

新築住宅1件につき110万!

三世帯同居型(二世帯住宅)は140万!

head_image02[1].png


各グループにより助成金利用のルールが若干異なります。

「ひのきの家」グループでは、品質確保の為、「地域材」に関してのハードルを自主的に高く設定してあります。

主要構造材の80%以上!

県産材証明制度により証明された「地域材」を使用する。

IMG_8589.JPG

お施主様にとって大変メリットがあります。

公に証明された地域材(天竜材)

浜松市助成金25万(最大)

静岡県助成金30万(最大)

国交省グリーン化事業110万(確定)

合計165万円

その他にも耐震、耐久、断熱、劣化、維持管理など様々な基準があり、国交省が審査して交付決定されますので、更に安心!

DSC_0064.JPG

2019年10月頃までに完成の新築住宅をご検討される方は是非ご活用下さい。

 

※ 国交省助成金の利用には(限られた枠)がございます、お気軽にお問合せ下さい。

★★★ご予約受付中★★★

  

 

 

只今、構造見学会開催中の現場。吹付断熱材施工

ひのきの家、夏目です。

現在、構造見学会を開催中~1.5階の平屋+αの家の断熱工事が施工されました。

 

IMG_8974.JPG

トラック2台が大量の機材を積んできました。

今回採用された断熱材はノンフロンの硬質ウレタンフォームです

わずか1%の樹脂と99%の空気からなる発泡体を形成します。

断熱工事気密施工が同時にできる優れモノ

IMG_8972.JPG

IMG_8968.JPG

この様なコンセントBOX周辺や金物周りもしっかり施工

IMG_8986.JPG

 

隙間が空きがちな筋違部分もバッチリ

 

IMG_8994.JPG

 

IMG_8989.JPG

吸音性遮音性にも優れ、環境に優しいのも嬉しい♪

また、オープンマイクロセル構造により大敵の湿気を透過させるため屋根などの木構造材の腐れなどのダメージ低減に貢献し快適な空気環境を作ります。

下、写真は屋根部分

IMG_8976.JPG

この断熱材の上には屋根一面の通気層が施工されています

一面が雪景色に見える現場ですが、施工中は熱でサウナ状態でした。

IMG_8977.JPG

外部と繋がる金物部分もしっかり

IMG_8991.JPG

 

IMG_8980.JPG

住宅の気密化が進むにつれて住宅内部における反響音など音の問題がクローズアップされています。

気密性と同時に反響音の対策もOK。

IMG_8963.JPG

完成が楽しみな住宅♪

構造見学会受付中です

お申込みは電話 053-443-8727か

メールでお待ちしています。

 

 

棟換気施工しました

ひのきの家、夏目です。

先日、34度を超える猛暑の中、現場に行くと板金職人さんが屋根の上に!

 

IMG_8957.JPG

 

車から降りるとジリジリとすごい暑さ!

屋根の上から威勢のよい声が、コンチワ~!(板金職人さん)

この日は【棟換気システム】の施工中~

これは屋根の一番高い部分

土台や軒先から取り入れた空気をここから逃がします

IMG_8941.JPG

 

そしてこの上に、こんな感じのカバーを取り付け

 

IMG_8945.JPGのサムネイル画像

 

このカバーに縦長の穴が開いていますが、ここから熱い空気や湿気を排出すると同時に雨水が侵入しないよう風向が工夫されています。

 

IMG_8946.JPG

最終仕上げにもう一つカバーを取り付けます。

こんな感じ

IMG_8943.JPG

 

木造住宅にとって換気や通気は躯体を守る為にとても重要です。

もちろん断熱、省エネ効果にもかなり影響します。

換気1.jpg

土台や軒先から入った外気が棟換気から排出されるときには湿気を含んだ高温の状態です。

常にこの換気を繰り返すことで家の「外側」から「てっぺん」にかけて新鮮な空気を流し、断熱効果と構造躯体の長期健全化に効果を発揮します。

 

IMG_8947.JPG

 

通気や換気の計画は家の寿命と住み心地を左右する重要箇所なので、気を付けていただきたい部分です。

 IMG_8958.JPG

とても暑い中、板金職人さんお疲れ様でした。

家の中では「岡野棟梁」も奮闘中~

現在はこんな感じ

 

IMG_8929.JPG

間もなく「断熱材」の施工です。

構造見学会の受付も常時メールnatsume@hinokinoie.com

お電話053-443-8727で受付中~。

よろしくお願いします

 

 

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11