中区Y様邸基礎工事、その② コンクリート打設~脱枠。

配筋、型枠施工が完了し、いよいよコンクリート打設作業

CIMG5402.JPG

基礎立ち上がり部分に設置された2本のアンカーボルト

ここには制振装置(MIRAIE)が装着されます。

Y軸に2箇所、X軸に2箇所。計4箇所

新築だからこそ可能になる基礎工事からの地震・余震対策です

 

IMG_20201116_083403.jpg


 

今回ご紹介させていただくのは

 

≪基礎一体打≫

2.jpg

 

通行の安全を確保しながら、市街地での作業

 

CIMG5400.JPG

 

基礎外周部から立ち上がりを打設していきます

 

CIMG5414.JPG

 

打設時にバイブレーターで適度な振動を与えます

内部の気泡を除去しコンクリートの密度を高め、骨材が均等に分布した強度の高いコンクリートに。

 

CIMG5417.JPG

 

CIMG5415.JPG

 

外周部、立ち上がり、地中梁、最後にベースを施工して「一体打」完了です

 IMG_20201119_082951.jpg

≪基礎一体打、施工説明≫

基礎1.png

 

通常①を打設、数日後に②を打設します

①と②の堺には継ぎ目ができてしまいます

今回ご紹介させていただいたのは①と②を一度で行う(一体打)

これによりベースと立ち上がり部分の継ぎ目を無くし、浸水シロアリの侵入を防ぎ、強度もUP!

 

通常2度打ちの場合も、意図した「2度打ち」なので決して良くない訳ではありません。

 が!

2度打ちよりも「一体打」のほうが施工精度が高いのは明らかです

 

まだまだ2度打ちが大半を占める戸建住宅ですが、職人さんの知識と経験・技術の融合「基礎一体打」

オススメです

 

養生期間を経て脱枠

ベースと立ち上がり部分の継ぎ目が無いのが見てわかります

「写真は一体打」 

IMG_20201124_084132.jpg

 

IMG_20201124_084201.jpg

IMG_20201124_084149.jpg

 

※※※「2度打ち の場合」の一例※※※

6.jpg

 

 

今後は室内、土間部分の断熱材を施工し上棟に備えます

 

IMG_20201124_084007.jpg

 

まもなく上棟に向けての作業が始まります 

 

中区Y様邸♪ 基礎工事~配筋検査~型枠施工。その①

中区Y様邸、基礎工事が着工しました

3.jpg

何事も基礎が大事って良く使われますが住宅もその通り

一般住宅では大きく2種類に分類されます

① ベタ基礎

② 布基礎

 

良く聞くのが、ウチはベタ基礎だから強いですよ~とか、布基礎よりベタ基礎のほうが強いとかいう説明。

まったく無意味な話なんです

基礎の上にどんな構造の建物を計画するのかで大きく変わります

地震や強風で建物にかかる圧力が、より分散されて基礎に伝わる木造住宅には「ベタ基礎」、局所的に大きな力を基礎に伝える鉄骨造は「布基礎」が適しています、その為、大手ハウスメーカーの鉄骨造はほぼ100%布基礎です

 


今回はこの(ベタ基礎)について!

ベタ基礎の中でも違いはあります

意外と知られていないのが2階建までの住宅の「基礎」は簡易計算すらされていない、しなくても良い!という事

少し疑問に感じません?

建物の形状、重さ、間取りは多種多様に対し、基礎はサイズと鉄筋の太さ配筋ピッチの最低基準がきまっているだけ、

その為、同じ基礎図面が様々な家で使いまわされています。

 

建築基準法では問題なし

つまり、法律で決められている耐震基準って?

地震が起きた時に即倒壊を回避し逃げる時間をつくる為

と言う考え

せっかく建てた家までは守りきれません

 


大切な家と家族の命を守る為

構造計算(許容応力度計算)をすると基礎はこうなります

基礎配筋前の様子

IMG_20201109_084137.jpg

二か所に窪んだところが!

IMG_20201109_084257.jpg

ここに構造計算により必要な強度の地中梁が施工されます

 

地中梁配筋完了

CIMG5389.JPG

 基礎立ち上がり部分

 画像の加工がヘタですみません

IMG_20201113_164350.jpg

 

 

基礎の下に鉄筋コンクリートのごっつい梁が埋まっている感じ♪

 第三者機関による基礎配筋検査も終了!


余談です

基礎鉄筋の錆びについて、上の写真からも鉄筋の錆び色が見えます

実はこの錆び色が歓迎される理由とは?

鉄筋は工場出荷時には鉱油が付着しており空気での酸化を防いでくれます、しかし鉱油が十分付いている場合は鉄筋とコンクリートとの付着を弱めてしまう場合も、鉄筋が現場に搬入され職人さんが施工しているうちに鉱油がとれて鉄筋が空気に触れて酸化し錆びます、つまり錆び色がでてきた、と言うことは鉄筋とコンクリートとの付着準備が完了したと言う事です。

 

≪その後、錆びはどうなるのか?≫

 

コンクリートは強いアルカリ性で見事に錆びを中和してくれます。

鉄筋との相性は抜群なんです

注意、何ヵ月も放置した表面がポロポロなる錆びは厳禁です


通常はここで基礎ベース部分のコンクリート打設です。

が!

続いて、立ち上がり部分の型枠施工です!

 

IMG_20201113_085454.jpg

 

 

ん?型枠が浮いています!

コレにも秘策が

IMG_20201113_085602.jpg

 

IMG_20201113_164536.jpg

 

特殊な金物を使い型枠を施工していきます

 

IMG_20201113_164315.jpg

 

次回

コンクリートの打ち方で変わる≪強い基礎≫をご紹介します

基礎一体打

またまた少しマニアックなお話になってしまいました

 

ひのきの家 夏目

 

西区Y様邸、間もなく大工工事が完了します

 

 

完成しました(ひのき)のテレビボード

両サイドの収納部には(ひのき)オーダー建具が設置されます

 

IMG_20201109_090446.jpgのサムネイル画像

 

各収納は内部まで(シナ)で仕上げ

家一軒まるごと細部に至るまで一切ビニールクロスの使用は無し

 

 20201110_112038.jpg

20201109_095316.jpg

 

 

 

洋間にマッチする(ひのき)床の間も完成

こちらも両サイドに(ひのき)大型建具が設置されます

節の無い上質なひのき材

 

IMG_20201109_090430.jpg

 

 

キッチン部分

今後はキッチン・カップボードが搬入されます

コンロ前には特注の耐熱ガラスも♪

 

IMG_20201109_090538.jpg

 

2F部分は杉板を採用

(ひのき)とは、また少し違った(木)の温かさと安心感があります

各お部屋の仕様用途で(木)を使い分けるのもオススメ

 

IMG_20201109_090851.jpgのサムネイル画像

 

 

間もなく内装左官工事

本物の珪藻土を漆喰風に仕上げる予定です

本物→下塗り材にも拘ります

光触媒の性能を持ち呼吸する壁♪

 

 

外部ではウッドデッキも完了しました

IMG_20201106_161106.jpg

 

外構(お庭)工事も 楽しみです

 

 

少しマニアックな(野菜)と(柱)のお話

 

日本は世界トップクラスの(農薬大国)?

 1位 中国

2位 韓国?日本?

 

 えっ~!!!って思う人も多いかも

1990年代から世界各国でヒトへの毒性の高い有機リン系の農薬に代わる効率的な殺虫剤として「ネオニコチノイド系」の薬剤が使用され、2000年頃から日本でも大半を占めるようになりました。

それとほぼ同時に世界各国でミツバチ(受粉の媒介者)の大量死が報告されるようになりました

その他、自然の生態系や人(胎児)への影響が懸念され、EUでは2013年頃から「ネオニコチノイド系」の規制を強化、ネオニコチノイド系の3種を禁止、EUとは別にフランスでは全面禁止に、米国も2015年から規制強化などの対策を行っています。

新型コロナ対策で日本政府との違いが際立った韓国も当時同様の措置をとりました

 

いずれも比較的、最近の出来事です

≪日本は?≫

世界の動きとは逆に規制緩和を進めてきました

ちょっと驚きです

農産物の農薬の残留量ネオニコチノイド系(クロチアニジン)を2015年にホウレンソウは13倍!シュンギクは50倍!に引き上げるなど段階的に緩和

 

もはや(国産の野菜なら安心・安全)は遠い過去の話のようです


 

※ 有機栽培(オーガニック)などは別です

 

 

私たち消費者がカタチの良いキレイな野菜を求めてしまうのも理由かもしれません

 


ネオニコチノイド系は

今も多くの住宅の床下や木材・防蟻処理にも使用されています

欧米諸国では白蟻対策に(ホウ酸)が主流に対し日本でははぼ(薬剤処理)

変に納得してしまいます・・・

薬剤処理は5年おきに処理が必要になり人(胎児)へのリスクも・・・

ホウ酸は人体には無害で効果は半永久的に

 

もはや皆が使用している=大丈夫、安心・安全では成り立たたなくなってしまいます

 

≪防蟻対策に(ホウ酸)を推奨しています≫

ですが、コレもやはりメリット・デメリットがあります

 

素材にこだわる方はお問い合わせください

 

ホウ酸.jpg

 ホウ酸施工事例

ホウ酸1.jpg

 


≪カタチの良いキレイな野菜を求めるのと同様で≫



 

■ 木材も見た目がキレイな人口乾燥材が主流に!

住宅で使用される木材(土台や柱)も表面にヒビ(クラック)などがないキレイな木材が求められ、無垢材の場合は伐採後、人工的な高温乾燥を行い極端に含水率を下げて表面(見た目)キレイで狂いのない木材が主流になっています

しかし、その内部では木の繊維は寸断され内部で干割れなどが発生してしまう場合も。

 伐採から数日で住宅に使用できる、というメリットもあります

■ 天然乾燥材では

木の繊維の寸断も内部干割れの心配もありません

含水率は人口乾燥に比べやや高め

木の表面にヒビ(クラック)が入ることもあり(見た目)によくない場合も

木は生き続け、進む乾燥により強度も上がります

 

 

≪天然乾燥材を推奨しています≫


 

IMG_20200114_110802.jpg

IMG_20200309_163921.jpg

他にもにもメリット・デメリットはあります

(野菜)と(柱)のお話、少し似ていると思いませんか?

 (柱)!と聞いて(鬼滅の刃)を連想しちゃいます

子供の影響・・・?

 私だけ・・・?

 ・・・

・・・

重要なのはそれぞれ選択肢があり、どちらも選択が可能ということ。

どちらも一長一短あります

農薬か有機栽培か?

人口乾燥材か天然乾燥材か?

それぞれを 理解した上での選択はどちらも正解だと思います

家づくりにおいての素材・工法等の選択場面は多数

(ひのきの家)では、そんな家づくりを全力でサポートいたします

photo_013.jpg

 

「ひのき」の床の間・各種羽目板施工

西区Y様邸新築工事

最近ではライフスタイルの変化により「畳」の和室を設けない住宅が見かけられるようになってきました

よく和室に設けられた、ご先祖神々をお祀りする神聖な場所「神棚・仏壇」について

 

ひのきの家モデルハウスの床の間

DSC_1009.JPG

今回はリビングと隣接する(ひのき)フローリングのお部屋に方位・家相・間取りを十分考慮の上(床の間)の設置となりました

間取りプランの打ち合わせ段階から、お祀りする場所を真剣に計画・検討する、「ご先祖様への思い」がとても感じられました

なかには、市街地での限られた敷地や間取りの場合、どうしても家相や方位が思うようにいかない!ってときもあります

試行錯誤を重ねた上でのご決断であれば、それもあり・だと個人的には思います

ご先祖様を思い計画する時間を過ごす

良くないのは、何も考えずに配置をした、後で知った、など・・・。あってはなりません

 

Y様邸では最良の位置に設けることができました

(ひのき)フローリングの部屋に「床の間」をどうマッチさせるか?

お打合せの結果、床柱にはシンプルに節の無い桧5寸角を採用し「床板・床框・壁」にも節の無い(ひのき)材で仕上げました

今後、「床の間」両サイドにつく大型建具(ひのき)も楽しみです

 

 

真新しいひのき材の「床の間」

IMG_20201028_084009.jpg


 

性格は大雑把?ですがとても繊細な仕事をこなす

中村棟梁

 現場に行くと、ついつい話し込んじゃいます

IMG_20201028_085422.jpg

LDKの天井も、ほぼ完了してきました


奥には床の間が見えます

IMG_20201028_084644.jpg

TVボード周辺収納部は只今施工中♪

ここにも(ひのき)建具と壁にも(ひのき)板張りを施工します

 

IMG_20201028_084329.jpg

広~いバルコニーは遊び心ある空間に♪

IMG_20201028_085331.jpg

只今(ひのき)オーダー建具デザインをお打合せ中です

前のページ 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12