破風板・鼻隠し施工。S様邸~

ひのきの家普及促進協議会です。

浜北区S様邸にて破風板・鼻隠しの施工をしました。の部分

IMG_8761.jpgのサムネイル画像

建物の外観にも木の雰囲気を出したいと言うS様

綺麗な木目に見えますが「サイディング」

無垢の木のまま垂木を現しにするのもいいけど経年劣化や美観を維持する為のメンテナンスも大変?との事で採用されました。

垂木を出さない場合は通常、板金などで巻いてしまう部分

IMG_8763.JPG

ガラリと雰囲気が変わり、「和」のテイストに。

これなら美観は保たれます

外部の化粧柱「桧」はウッドデッキと同様に塗装して防水、コーティングをします。

破風板の板金施工も建物全体の色に合わせて、ときにはクールに仕上がります

この2部分.jpg

住んでからのメンテナンスを考えて外観デザインを決める。

基本はメンテナンスフリー。

でも、外観にも「木」の雰囲気がほしい・・・

数年に1回の日曜大工(お父さん)で維持、管理できる箇所に「木」を使う。賢い選択

IMG_8762.jpg

内装材に使う無垢材は経年変化も楽しめて「やさしい」表情をみせてくれます。

外観に見せる「木」はモダンな表情を見せてくれます。

「和」モダン

良く耳にします、

老若男女に受け入れられる「和」モダン。

まさに

高耐久、長寿命住宅に合ったカタチだと思います。

 

 

 

 

 

西区W様邸にて解体清祓い

天竜・無垢の木・ひのきの家普及促進協議会です。

西区W様邸にて解体清祓いが執り行われました

IMG_8740.JPG

大安吉日、天候にも恵まれ気持ちのいい朝。

 

厳かに式は執り行われ、先祖神々に、これまで何事もなく無事に暮らすことができた感謝の気持ちを込め、今後取り壊す事のご報告とお許しを得て、安全祈願をいたしました。

IMG_8745.JPGのサムネイル画像

 

下の写真は「取毀しの儀」とりこぼしのぎ

 大黒柱に木槌で叩いているところ、先祖神々へ取り壊しを行う合図です。

IMG_8743.JPG

昔、おじいちゃんが建てた家、

取り壊す為の合図を送ったおじいちゃん、

様々な思いがあると思います、後ろで見ていた私は身が引き締まる思いでした。

この合図は、ご家族全員でおこないました。

 

IMG_8750.JPG

その後の工事中に発見した「梵天」ぼんでん

大切に取り外す様、解体業者さんに伝えました。

昔から建物上棟時に施主、大工棟梁、上棟日などを記したもの、古いものでは400年以上前の棟札なども発見されています。昔から現在まで、数百年前と何も変わらない事に安心します。

 

 

「天竜ひのき」の魅力

天竜・無垢の木・ひのきの家普及促進協議会です。


浜北区の本堂工事の現場、構造材すべてに「天竜桧」が使われています

現場に入ってすぐ「桧」の香りが♪

IMG_8693.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

IMG_8715.JPG

ヒノキの香りと共に木の生命力とパワーを感じます
「ひのき」が放つこの香り成分が「フィトンチッド」

精神安定・疲労回復・消臭・防ダニなど様々な働きをしてくれます。

植物は生きるため(害虫から守るため)にこの香りを放っているのです、その香りが私たちの暮らしを守ってくれています。

IMG_8729.JPG「ひのき」の木肌も魅力のひとつ

木には心材(中心)と辺材(外側)があります、ヒノキは心材と辺材の色の差が少なく控えめな表情をしています。

心材は淡いピンク色、辺材は黄味を含んだ白色、経年変化で飴色になるのも魅力。

ヒノキのフローリング施行例

DSC_0100.jpgのサムネイル画像目は緻蜜で清潔感があり肌触りはなめらかで、やさしい感触です。

下写真は施行例

2010_03190026.JPG

こちら下の写真の天井は(天竜杉)施工中

ヒノキとは違った暖かさがあります。

IMG_8713.JPGのサムネイル画像IMG_8711.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像そして、何と言ってもヒノキの魅力は強度

ヒノキは仏閣や神社を建てるための木材として古くから用いられてきました。

伐採してからも200年~300年は強度が増し、その後1000年かけて徐々に弱くなると言われています。

このことから、あの有名な法隆寺も1300年経った今、伐採当時の強度と言えます。

IMG_8719.JPGのサムネイル画像IMG_8692.JPG

浜松市の天竜材助成金「百年住居る事業」いい名前です。

IMG_8589.JPG

 

こちらの現場は「ひのきの家」棟梁会の鈴木建杜にて施工中♪

先日は未来の建築家を目指す学生さんが事業の一環で見学にきました。

 

只今工事中現場、見学も可能ですので、見学希望の方は是非お問合せ下さい

①浜北区横須賀現場(平屋住宅)

②浜北区宮口現場(お寺本堂)

「天竜ひのき」を使った人気のセミオーダー3LDK平屋住宅息吹はコチラ

 

祝上棟 浜北区S様邸

天竜・無垢の木・ひのきの家普及促進協議会、事務局です。

先日、浜北区S様邸の上棟作業が行われました。

人気の平屋住宅です。

IMG_8579.JPG

S様邸を手がけるは「ひのきの家」棟梁会「鈴木建杜」棟梁です。

地元の「材」と「職人」にこだわる建杜棟梁!

IMG_8580.JPG

土台・柱はもちろん地元「天竜ひのき」4寸角を使用


様々な木材検査を経て出荷されてきます。

IMG_8583.JPG

IMG_8589.JPG

梁・桁には地元「天竜杉」を使用

IMG_8587.JPG最近の住宅事情では木材も産地が分からないもの(集成材・外来種)?が多く国籍不明の住宅が多くなっています。

そこは正真正銘のメイド・イン天竜!

天竜材の家です

 

南側に張り出した長い庇が夏場の直射日光を和らげてくれます。

 

IMG_8597.JPG

太陽が傾く冬場には南側の大きな窓からダイレクトゲインを利用して暖房効果を得ます。

もちろん床材にも「ひのき」を採用!

 

IMG_8679.JPG

 

屋根形状を活かし、大容量の太陽光パネルと小屋裏収納スペース

 

IMG_8672.JPG

子育て真っ最中のS様、これから成長と共に予想以上に「もの」が増えます。

幼稚園や小学校での工作♪ なかなか捨てれないですよね?本人に大人になってから見てもらいたい!と思うのは私だけ?

十分な備えです。

 

IMG_8675.JPG

上棟作業は順調に進み、建杜棟梁に上棟式を執り行っていただきました。

 

IMG_8607.JPG

IMG_8612.JPGしばらく棟梁の上棟にまつわる(ウンチク)が・・・

IMG_8618.JPGありがたいものです・・・(笑)

IMG_8619.JPG当日のメンバーみんなで集合写真

S様ご家族皆様、朝からお疲れ様でした、建杜棟梁と職人の皆さんも大変お疲れ様。

 

IMG_8622.JPGIMG_8682.JPG

☆認定長期優良住宅  ☆耐震等級3 ☆省令準耐火住宅

≪各種助成金利用≫

■ 国交省グリーン化事業

■ しずおか木の家推進事業

■ 天竜材の家 百年住居る事業(すまいる事業)

S様上棟おめでとうございます。

浜北区S様邸 段階を経て基礎工事

天竜・無垢の木・ひのきの家普及促進協議会です。

浜北区のS様邸基礎工事が完了しました。

土地探しからのお付き合いのS様、この土地をご検討されていた頃は敷地境界もよくわからない程の草原?畑?の状態

想像力を働かせ敷地造成後の状態をイメージしながら、給排水関係もしっかりチェック

土地購入前の事前準備に妥協がなかったS様、いい宅地になりました。

IMG_8554.JPG

私の身長くらいあった「草」たちも綺麗サッパリなくなり、今後新設するS様邸家庭菜園の肥料に生まれ変わります。

まだ造成途中ですが見違えるような敷地になりました。

造成前の写真がなくてすみません・・・

IMG_8547.JPGのサムネイル画像

土地探しはとても重要で大変だと思います、立地・ご予算・付帯工事・・・など様々です。

ご決断されたこの場所がS様ご家族、お子さんにとっての「実家」になります。

いよいよ「実家」の建築です、ひのきの家に任せられた大役!

IMG_8545.JPG

間口の広い人気の平屋住宅(小屋裏付)

まもなく上棟です。

この重責をしっかりと務め上げます。

天竜・無垢の木・ひのきの家普及促進協議会「鈴木建杜」棟梁

kennto(人物).jpg

前のページ 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14