浜松市N様邸、地盤工事から基礎工事

解体工事が終了したN様邸敷地

毎回思うのですが更地になると広く感じます

20220416_101021.jpg

不自然な形状だった敷地裏側部分

どうしてこのような形状になっていたのか、ちょっと不思議だった部分

新築工事を機に本来の敷地境界へと改めます

コチラには浜松市のブロック塀撤去改善事業の助成金が活用できます

20220406_142326.jpg

そして地盤調査

地盤の状態は事前に近隣データより、地盤改良の予想を立てていたのですが予想外に結果は良好!

安心しました、液状化の心配もなし

ただ1ヵ所のみ不安定な場所が、そのすぐ周辺を調べても同じ結果が・・・

お施主様にお話ししたところ、その箇所は雨が降るとよく水が溜まっていた箇所との事

ん~調査データに脱帽?

基礎支持力が得られる状態に改良工事が必要と判定されました


いざ改良工事へ!

該当箇所を支持の幅、深さまで掘り下げます

DSC00193.JPG

底板を転圧後に通常の(土)ではなく砕石で埋め戻し

約30センチの厚みで砕石を敷き、ランマーで転圧

プレートでなくランマーで行うのが味噌!

少しづつ固めていきます

DSC00197.JPG

この作業を4回繰り返します

DSC00200.JPG

保証を受けられる「地盤」になったところで基礎工事に着手

20220423_163048.jpg

基礎は職人の技術と経験が可能にする「一体打ち」で施工されます

画像クリックでUP

 

基礎1.png

基礎.jpeg

5月末の上棟へ向け作業進行中♪

「利用助成金」

令和3年度国交省(補正予算分)

令和4年度静岡県

令和4年度浜松市

合計188万!を予定しています

これからの方必見、令和4年度国交省も間もなくスタート

令和4年度がスタート

新年度がスタート

何かと忙しく?ブログも久々の更新となってしまいました

新築住宅に関する令和4年度の各助成金も徐々に始まってきます

国交省・静岡県・浜松市

各種助成金を利用して賢く家を建てる?

令和3年度分も現在進行形で各現場の工事も進行中です

只今の現場


「森町O様邸」二世帯住宅新築工事

北側の暗くなりがちな廊下部分です

上部スカイシアターからの木漏れ日が明るい

20220404_100002.jpg

ん~思った通りに明るくなっていい感じ♪

仕上げは左官壁で陰影が際立ちます

20220404_095946.jpg

コチラは押入内部です

押入・物入・クロゼットの内部をすべて「ひのき」の合板で仕上げてあります

20220324_110842.jpg

現在は「ひのき」の家具工事

TVボード・収納・箪笥・カップボード・下駄箱など、まだまだ多数あります

「ひのきの家具」完成をお楽しみに

令和3年度の助成金が決定しています

(国交省+BELS省エネ加算+3世帯加算)=160万

+(静岡県)

20220317_104150.jpg


「中区N様邸」平屋住宅新築工事

建物解体工事が始まっています

瓦を下すと屋根には大量の土が載っています

20220330_173257.jpg

内部壁にも「竹小舞土壁」タケコマイツチカベ

20220330_173713.jpg割った竹を縦横に組み土台をつくってワラを混ぜた土を何重にも塗り重ねてつくってあります

50年程前までは一般的な工法でしたが職人仕事の為、手間暇がかかり新建材に押され徐々に減っていきました

自然素材で調湿性があり遮音性にも優れ、当時の漆喰壁との相性は抜群です

現代版のセルロースファイバーと特性は似ていますね

先人の知恵がたくさん詰まった壁断熱材です

20220406_142320.jpg

解体工事もほぼ完了

間もなく地盤調査から工事開始となります

令和3年度の助成金が決定しています

(国交省)+ BELS省エネ加算 = 130万!

  

令和4年度の助成金

+(静岡県・浜松市)


「北区O様邸新築工事」

2021年3月、「ひのきの家」にご相談をいただき、初回のお打ち合わせ時に建築予定地を撮影させていただいた写真

今から13ヵ月前?

今、思えば、あっと言う間の期間でした

自然豊かな環境♪

「ひのきの家」の暮らし方が良く合いそう?

20210314_102916.jpg

設計も今後、本設計へと移行していきます

都市計画法・農地法など行政書士事務所の力をお借りして、いよいよ工事着工の日も近づいてまいりました

魅せる「垂木」も楽しみな家です

令和4年度の助成金予定です

(国交省・静岡県・浜松市)

20220407_0923.jpg



「ひのきの家」についてHPの一部を更新しました

ひのきの家HPに記載の「ひのきの家」について

HP内容を一部更新いたしました

これまで様々なお問い合わせをいただいた中で、ご質問が最も多かった部分を一部クローズアップして掲載いたしました

HP一部更新にあたり、きっかけとなったのは、お客様よりいただいた一言・・・

HPを見ても「ひのきの家がよく分からない」

ん~、実に深いお言葉です

確かに!

自分でもそう感じながらもスルーしてしまっていた(反省)・・・

これもコロナ禍により再認識させていただいたうちの一つです

10SQ.jpg

HPの一部更新作業は去年から始めていて、ようやく完成いたしました

まだまだお伝えしたい内容の一部ですが、つづきは(ひのきの家)にご来場いただいた際にでも♪

古いデータを読み込んでしまい正しく表示されない場合は(PCの場合)コントロール+F5キーで更新

スマホの場合は古いデータ(閲覧履歴を削除)で正しく表示されるようになります

「ひのきの家について」

ALL「ひのき」の建具枠施工

以前に事務所で大工さんと作成した図面

なかなかの時間を費やし打合せを重ね、じっくり製作しました

20220227_103709.jpg

そして図面を基に加工された各種ひのき材が現場に搬入

20220222_154933.jpg

20220222_154942.jpg

今回加工で拘ったのが下写真の部分です

って言うか、どこの部分なのかよくわからないですよね・・・

建材などの既製品の場合は加工済みになっているケースがほとんどですが、ひのき造作で製作する場合は少し気が利いた加工なんです

自分で言うな?

もちろんALLひのきですので耐久性も抜群で「ひのき」の建具ともベストマッチ

この部分が無いと建具(引き戸)などを吊ったときに引き戸の上から光が漏れてしまうことも・・・

20220222_155010.jpg

施工後

建具もシンプル大型H2500ですので天井まで届きます

まだ天井は施工されていませんが・・・

20220222_154252.jpg

ちょっとマニアックな話で申し訳ないのですがココにも(下写真)も拘りましたよ♪

戸当たり部分です

20220226_143631.jpg

引き戸を閉めた場合にも戸当たり部分から光が漏れることなくフレ止めにも最適です

「戸じゃくり」と呼ぶところになります

大工さんが更に加工を施し取付られ、加工中は更に「ひのき」の香りが♪

20220226_143433.jpg

引き戸枠

20220226_143607.jpg

2本引き戸

20220226_141737.jpg 各種窓枠も「ひのき」材

20220222_155622.jpg20220222_155541.jpg

普段はなかなか気にして見ないと分からない部分ですが生活している中で気になると、とことん気になってしまう部分?

あまり目立たない地味な仕事のひとつひとつが仕上がりを大きく左右します

オーダーメイドの建具はサイズ寸法にとらわれず自由な設計が可能ですのでお勧めですよ♪

20220227_114346.jpg

do-it-yourself(自分自身でやる)

ふと、できてしまった?

束の間の休日

1-2.jpgのサムネイル画像

自宅にいて今まで見て見ぬフリをしていた所にやっと「手」が入りました

防腐の塗装が剝げ落ちた戸袋・ウッドデッキ・窓枠・・・

工務店に務めながらも自宅は常に後回しでなかなか手が届かずでした

大工さんの自宅と似たようなものですね

一般的に家をつくる大工さんの自宅と言えば、常に点検補修が施されしっかりしている!と思いがちですが、実はその反対

自分の家は後回し!って言うかどうでも良くなっちゃうんですかね♪

「大工さんあるある」

だから

「自分の家を建てるつもりでお客様の家を建てます」!

とはとても言えません

自分の家だったらすぐ妥協して無難にこなしちゃいますから

で、休日

これも何かの縁か?、いよいよ自宅の番が回ってきた!

と言ってもD・I・Yです

すべて自分でやります

20220201_150203.jpg

ペンキ・刷毛を準備

約10年ぶりに木の防腐塗料を塗ってみました

中腰の体勢で塗装していたせいか「腰」が痛いし、ジャージはペンキだらけ・・・

軍手越しでも手にペンキが付いてタワシでゴシゴシ、痛い痛い。

外部に「木」を使用する場合はその箇所によっては定期的なメンテナンスが必要になります

「手」がかかる分、愛着もでてきます

庭も同じで、夏には雑草と格闘の毎日です・・・

ほんとに手がかかり大変ですが楽しみもひとしお?

塗装後

20220201_14593.jpg

ん~、自分では満足です

職人の仕事と比べ、近くで見るとやはりため息もでますが・・・

まぁ、自分の家ですから♪

って、やっぱり妥協?(笑)

新築の場合も外部に程よく木材を使用すると、個性が出る上、程よく「手」がかかります

オススメ?ですよ(笑)

とは言っても今では外部に木材を使用してもノーメンテナンスの防腐塗料もあるんですがね・・・

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11